高知おもちゃ病院

高知おもちゃ病院のホームページ

高知おもちゃ病院は、子供たちの壊れたおもちゃを直すことによって、物の大切さを教え、 また子供たちとの交流をはかることを目的とする高知のボランティア団体です。

活動記録

11月4日(土)10:00~15:00
 「物部川フェスタ2017」物部川河川敷ひまわり乳業東側
 今回初めての参加、午後は風が強くテント内では大変で少し早めの閉院となりました。
 本日のドクター出席は6名(南国よりの応援3名含む)
 受付件数:7件(即日退院:5件)
 持ち込まれたおもちゃほか
 20171104おもちゃ物部川
※「物部川フェスタ2017」のスタッフの方々をはじめ、
 関係者の皆さんに大変お世話になりました。






11月4日(土曜日) 10:00~12:00
南国市中央公民館 南国市大埇甲2117
●9:10~10:00 ミーティングおよび日替わりトーク
 講 師:島本禮碩 氏
 テーマ:甘くないラズベリーパイ
 概 要:驚くべき低価格と高性能で、今話題のワンボードパソコン「ラズベリーパイ」を
     実演を交えて紹介してくださいました。
●10:00~12:00 開院
 本日は10名のドクターが参加
 14件の修理依頼があり、内6件はその場で修理完了、その他は入院。
開院のようす(子どもたちでにぎわっています)
 20171104おもちゃ南国

ミーティング・勉強会および修理に奮闘するドクターたち
 20171104おもちゃ南国1

本日持ち込まれたおもちゃの例
 20171104おもちゃ南国2
※今回、お預かりしたおもちゃは、次回の開院日11月18日()に
 今回と同じ敷地にあるからくり創造工房でお返ししますので、お引き取りをお願いします。





10月22日 高知おもちゃ病院は、独立行政法人「国立青少年教育振興機構」の「子どもゆめ基金」の助成を受けて、NPO高知県生涯学習支援センター(高知市大原町32 )で
「ものづくり感動塾」を初めて開催しました。
小学性3~4年生を対象に、ものづくりにチャレンジして頂き、その楽しさを感動してもらうことを目的に、今回は「超簡単モータの製作」に挑戦しました。
あいにくの雨模様でしたが、17名の子どもたち、および多数のご父兄の参加があり無事終了しました。
子どもたちには、半田づけなど初体験の作業もあり苦労しましたが、みなさんモータが回ったときには、大変感動して頂き、ものづくりの楽しさが体験できたと思っております。
第2回として、11月25~26日にかけて、「電子オルゴールの製作」を行います。対象は小学生5~6年生です。
ただいま参加者募集中です、是非ご参加ください。
20171022感動塾

10月22日(日曜日) 10:00~14:00(受付時刻)
高知県教育センター分館内 NPO生涯学習支援センター 高知市大原町132(地図
本日のドクター出席は7名(同時刻に「ものづくり感動塾」開催)
●10:00~14:00 修理受付および返却
 受付件数は13件で、内訳は1件が即日修理完了、入院が12件
 台風接近の影響で少ないと見込んでいたが多かったです。
 返却予定は2件で完了しました。
開院のようす
 20171022おもちゃ高知  
 入院したおもちゃは、次回の開院日11 /19()です。おもちゃの引き取りをお願いします。
 詳しくは、診察日のお知らせをご覧ください。

10月22日(日曜日) 10:00~12:00
安芸観光情報センター 安芸市矢ノ丸1丁目4-32 (地図
●10:00~12:00 開院
 ・本日は6名のドクターが参加(南国診療所からの応援1名含む)
  1件の修理依頼があり、入院しました。
  件数が少ないのは台風接近の影響かな。
 ・前回入院のうち、完治退院3件、引き続き治療1件。
 開院のようす
 20171022おもちゃ安芸

※今回、お預かりしたおもちゃは、次回の開院日11月12日()に、
 今回と同じ観光情報センターでお返ししますので、お引き取りをお願いします。

↑このページのトップヘ